使用後のカセットボンベの処理

カセットボンベを捨てる時の確認方法

使用後のカセットボンベの処理

ガスの残ったカセットボンベの処分方法について

ガスが入った状態で穴をあけると、ガスが噴出して途中で止まらなくなり危険ですので絶対におやめください。 抜き方は、屋外の火の気のない風通しの良いところで、カセットガスのキャップを外し、先端を下にして、先端部をコンクリートなどに押し付けてください。そうすることにより、ガスが抜けていきます。ガスが出なくなった後、振っていただき、「サラサラ」とした音がしなければガスが抜けて空になっています。 ガスを抜いた後は、お住まいの地域自治体のごみ出しの取り決めに従って廃棄ください。

カセットボンベの有効期限などご質問Q&Aはこちら↓

詳しくは 岩谷産業(株)ホームページ をご覧ください。

岩谷マルヰガス株式会社 岩谷産業ホームページへ HOME